Dongguan Zhiguo New Material Technology Co., Ltd.
実行のためのスニーカーインソールを選択する大きな研究です。どの材料を選ぶべきか

実行のためのスニーカーインソールを選択する大きな研究です。どの材料を選ぶべきか

インソールは、多くのランニングシューズに標準であり、ほぼ全員が使用されます。しかし、インソールもしばしば見落とされます。しかし、私たちが話しているインソールだけではなく、ウォーキングに適しています。ランニングは平均より高い仕様を必要とする。ランナーは、自分の足に応じてベストに合うインソールを見つける必要があります。もちろん、このインソールもランニングシューズに合わせてください。インソールが適当でないならば、ランニングの間、きまりが悪い場面は起こるかもしれません:Insolesはランニングシューズから流れ出ます。

それで、我々のランナーが一対のインソールを選ぶ方法?どのような特徴のペアインソールの実行必要がありますか?

まず、足底にフィットしてください。異なるデザインは、異なる足に依存します。第二に、良い通気性がある必要があります。あなたが実行中に不注意に水たまりを踏むと、それは非常に不快になります。第三に、インソールは、実行中に発生する害を減らすことができますあなたの靴に足を滑り避けるために特定の摩擦を持つ必要があります。第四に、インソールは特定のクッション力を持つ必要があります。インソールは、デザインの薄いですが、彼らは実行中に膝の損傷を減らすためにクッションする必要があります。そして、走ることの足感じも、大いに改善されました。

一般的に靴の靴と一緒にインソールは最高ではないが、彼らは靴のペアに最適です。あなたが靴のこのペアを買うとき、あなたもそれの感覚が好きです。だから、オリジナルインソールも良い選択です。多くのスポーツブランドは、3つの材料で一般的にインソールを走らせることを独立して設計しました。最初はシリカゲル材料である。このようにして形成されるインソールは、一般的に軟質であり、良好な緩衝性を有する。しかし、最大の問題の一つは気密です。だから、それを選択することをお勧めしません。第2の材料は,換気,汗吸収,脱臭,カビ抵抗,クッション性,通気性の特性を有するオルトライトである。この種のインソールは一般的に工場のインソールとは異なりません。それは良い弾力性と抵抗を着用しています。だからもっと注意を払うことができます。第三は多機能スライシングである。かかとと前足でクッション材料で、このインソールも、走るために特に設計されます。このインソールはより多くの重さとコストがかかります。しかし、このタイプのインソールは、より少ないラッピングとより少ないサイズでランニングシューズで軽量ランニングシューズに適していません。第4は合成素材であるインソールである。それは非常に強く、耐久性と格安です。このインソールは固くなりません。最近、多くの企業が多機能インソールを生産するためにこの材料を使用し始めます。

製品に関するお問い合わせ
関連ニュース
子供の内面底消費の4つの常識誤解。あなたはこれらの誤解を持っていますか?

子供の内面底消費の4つの常識誤解。あなたはこれらの誤解を持っていますか?

以下は子供たちの内部の底の消費の主な誤解です:1 innsolesは定期的に掃除される必要はありません。
低硬度シリコンインソールのための靴のためのオイルを生産するのは普通ですか?

低硬度シリコンインソールのための靴のためのオイルを生産するのは普通ですか?

靴のためのシリコーン・インソールはインソールの一般的なタイプです、しかし、それは靴のために良質のシリコーン・インソールを選ぶのが簡単でありません。靴のためのいくつかのシリコーンインソールは実際に油を生産します。
3 Dプリントカスタマイズされた矯正インソール

3 Dプリントカスタマイズされた矯正インソール

矯正的なInsolesitの定義は、人間の足と生体力学の原則のサイズによって製造されて、平らなf .
姿勢矯正ヒールカップの問題点

姿勢矯正ヒールカップの問題点

かかとの問題は美しさだけでなく健康にも影響するので、ヒールを矯正する必要があるので、結果によって矯正製品が出てくる。を選択するとき、多くの人々は以下の質問をします。